眠る犬
  • 現在のページ>快適な眠りのエッセンス Home  » 

    眠れないとどうなるの?


    眠ることは非常に重要で、脳の記憶の整理や、一日のストレスを回復する働きもあるので、眠れないと、

    疲れやすくなったり、

    慢性的なだるさや眠気などの身体的な影響や、

    精神的に不安定になり、イライラしたり、落ち込みやすくなったりするなど心にも悪い影響が出てきます。


    これらの症状は、副交感神経がうまく働かないことに関係しています。


    副交感神経は、眠っている間に活発になり、日中に体が受けたダメージを修復してくれます。


    眠れないと、副交感神経が上手く働けなくなって、体の細胞が再生するのを妨げてしまい、

    その結果、筋肉が硬くなってしまい、肩こりや慢性的な筋肉の痛みの原因になります。


    また、血流も悪くなるので、全身に血液が上手く回らなくなって、

    手足の先が冷えたり、

    栄養が行き届かずに肌や髪がパサついたりしてしまうといった症状が現れます。


    また、リンパが流れにくくなり、老廃物など不要になったものを排出する働きも鈍くなってしまい、その結果、脂肪が分解されず体にそのまま残ってしまい、太ってしまう原因にもなります。


    でも、なかなか眠れないと、それだけでストレスが溜まってしまいますよね。


    長期に渡って眠れない症状が続くのであれば、なるべく早くお医者さんに相談してみることをお勧めします。


    スポンサード リンク